2007年08月31日

花ざかりの君たちへ 第9話

⇒  サイドビジネスで給料以外の副収入!


芦屋瑞稀(堀北真希)らの2年C組に、臨時教員の北浜昇(稲垣吾郎)がやってくる。生徒たちはいつも通りのいたずらで迎えるが、北浜はまったくこれに動じず、逆に何か問題を起こせば停学処分にすると強気な宣言。その冷徹な態度に、生徒たちもペースを狂わされてしまう。

学園は定期テスト期間に入るが、生徒たちは勉強どころか、テストの後に行われる『定期テスト打ち上げライブ』のことで頭がいっぱい。出し物の練習に余念がない。その夜、瑞稀が、中津秀一(生田斗真)と部屋で勉強していると、佐野泉(小栗旬)が帰ってくる。相変わらず高跳びに打ち込む佐野に、瑞稀はテストは大丈夫かと尋ねるが、実は佐野は、瑞稀たちに勉強を教えるほど成績優秀。逆に、瑞稀と中津が勉強を教えてもらうことに。

そして翌日、テストが始まる。解答用紙に向かう生徒たちの間を、見回り歩く北浜。すると、中津の机で何かを見つける。解答用紙の下にもう一枚、紙があったのだ。どうやら、着席のときに紛れ込んだらしいのだが、北浜は、カンニングだと断定。中津は、テスト終了後に呼び出される。いくら説明しても、信じようとしない北浜に困惑した教頭の猿渡(宇梶剛士)が、テスト期間を理由に真偽の保留を提案。中津は、潔白を証明されないまま、ひとまず解放される。

その夜、難波南(水嶋ヒロ)は、第二寮の関目京悟(岡田将生)、中央千里(木村了)らを集めて打ち上げライブについて話し合い、「モテそうだから」という理由で、バンドをやることに。瑞稀も盛り上がるが、中津の表情は冴えない。
そして、テスト最終日。テストから解放されたのもつかの間、中津はカンニングの事情聴取のため、北浜に連れていかれる。その夜、瑞稀は、食堂に萱島大樹(山本裕典)ら生徒たちを集めると、中津の無実を晴らすために協力してほしいと頼むが、逆に犯人が誰なのかという議論が勃発。寮ごとに一触即発の雰囲気になってしまう。

翌日、打ち上げライブのリハーサルが行われることになり、各寮が演奏を披露し始める。するとそこへ、北浜が現れリハーサルの中止を言い渡す。その強権ぶりに、生徒たちも、渋々従うしかない。それでも、少しくらいはと嵯峨和真(溝端淳平)らが教室でギターの練習をしていると、北浜が入ってくる。ギターを見た北浜は、形相を変えるとそれを取り上げ、教室の窓から投げ捨ててしまう。生徒たちが反発すると、北浜は自分に従っていればいいんだと、声を荒げる。その様子に、佐野は何を感じ取る。

夕方、中庭に佇み、落ち込む中津に佐野が声をかける。様子のおかしい中津に尋ねると、北浜からカンニングの件で反省文を書けと半ば強要されていていると告白。もし書かなければ、自分は停学、そして、所属するサッカー部も大会の出場を辞退させられると言うのだ。と、そこへやってきた瑞稀がそれを聞く。激怒し、校長に掛け合うと言うという瑞稀を、中津は笑顔で制するが…。

生徒指導室にいた中津が反省文にサインをしようとしていると、瑞稀が駆け込んできて、北浜に、北浜のやっていることは指導ではなく、教師という権力を振りかざしたいじめだと訴える。そんな瑞稀を見た北浜は、突然、制服を脱げと言う。瑞稀のような力の弱そうな不良は、ナイフを隠し持っていてもおかしくないと言うのだ。そして、異常な迫力で迫ると、瑞稀の制服に手をかける――。すると、それを見ていた中津が激昂。思わず、北浜の胸倉を掴む。北浜はそれを暴力行為とみなし、停学決定だと言い捨てる。「中津停学」のニュースは、瞬く間に学園に広がり、生徒たちは動揺する。

北浜の横暴なやり方の裏には、何かあると思った佐野は、保健室に梅田北斗(上川隆也)を訪ねると、北浜の素性を教えてほしいと頼む。すると、ちょうど入ってきた原秋葉(紺野まひる)が、北浜の同級生だと言い…。
中津が停学処分になってしまったことに責任を感じる瑞稀は、北浜に停学を取り消してほしいと談判するが、聞き入れられない。そんな瑞稀を中津が制していたとき、白い学ランをまとった難波、天王寺恵(石垣佑磨)、オスカー・M・姫島(姜暢雄)を先頭に、大勢の生徒たちが詰め掛けてくる。白い学ランは、教師と互角に渡り合える権限を持つ桜咲学園の生徒会“花桜会”の象徴だ。難波らは、生徒全員が署名したという退学届けを差し出し、中津の停学取り消しを求める。しかし、北浜は意にも介さない様子で、自分は間違っていないと言い、難波の胸倉を掴むと、教師が管理しなければ、生徒はすぐにわき道に逸れてしまうと言い放つ。すると、「俺たちはアンタの弟じゃない!」と言って、佐野が入ってくる。意表を突かれたのか、北浜は言葉を失い、部屋を出て行こうとする。そんな北浜に教頭の猿渡が、中津は本当に暴力を振るったのかと尋ねる。長い沈黙のあと、北浜は自分の思い過ごしだったかもしれないと言い、カンニングの件でも中津の主張を認めると言い残し、その場を去る。一件落着したことに、生徒たちは大いに盛り上がる。

その後、瑞稀と佐野が庭のベンチに座り、北浜のことを話していると、本人がやってくる。北浜によると、北浜には年の離れた弟がいたが、甘やかされて育ったため不良になり、高校生のときにけんかに巻き込まれ、ナイフで刺されて亡くなったのだと言う。佐野が言う通り、生徒たちに自分の弟を重ねていたのかもしれないと言う北浜は、中津に謝罪の言葉を伝えて欲しいと言うと、その場を去っていく。瑞稀は、それを中津に伝えようと、ベンチを立とうとする。と、佐野に腕を掴まれる。ドキッとする瑞稀に「…もう少し、いろよ」とぶっきらぼうに言う佐野。瑞稀は、再び佐野の横に座るが、ふたりの間には沈黙が流れる。すると、今度は佐野が練習に行ってくると言い立ち上がる。行きかけた佐野だったが、瑞稀を振り向くと、「ライブ頑張ろうな……瑞稀」と言い残し、歩いていく。思わず、「おう」と答えてしまった瑞稀だが、「瑞稀」と呼ばれたことにハッとする。

その後、『定期テスト打ち上げライブ』も無事、開催される。瑞稀や中津たち第二寮の面々がステージに上がったとき、梅田に連れられて北浜がやってくる。北浜を認めた中津は、マイクを手にすると、自分たちは何にも考えないでわき道に逸れたりはしない、くだらないことに憧れているのでもなく、ちゃんと意味があってそこに行き着いたってことを分かってほしいと、北浜にメッセージを送る。

その頃、練習に向かう佐野のところへ、桃郷学院の神楽坂真言(城田優)が現れ、桃郷学院で全国の有力選手を集めて行われる強化合宿に参加しないかと誘う。そこには、当然、佐野の弟・森(大東俊介)もやってくると言い…。
その日の夜、中津がシャンプーを借りに瑞稀たちの部屋を訪ねてくる。佐野は外出中、瑞稀はシャワーを浴びていた。中津は構わず浴室へやってきて、シャワーを浴びる瑞稀の側のシャンプーに手を伸ばそうとする――と、そのとき、フッと瑞稀の裸を見てしまう。中津はそっとドアを閉め、瑞稀は気づかないが、中津は呆然とする。
posted by 涼太 at 09:52 | TrackBack(1) | 映画 ドラマ

2007年08月30日

上川隆也 ドラマ初主演!スワンの馬鹿〜こづかい3万円の恋〜

上川隆也が、娘の学費のため、月の小遣いを5万円から3万円にカットされた大手文房具メーカーの40歳の課長代理を演じる。10月スタートのフジテレビ系ドラマ「スワンの馬鹿〜こづかい3万円の恋〜(仮題)」(火曜・後10時)で、民放の連続ドラマに初主演する。


 ⇒ ネットで副業、主婦・サラリーマンの在宅ワーク


昨年のNHK大河ドラマ「功名が辻」では山内一豊を好演。今年はテレビ朝日系「わるいやつら」で複数女性と関係を持つ病院長役、放送中のフジテレビ系「花ざかりの君たちへ」では男子校のゲイの保健医役に挑戦しているが、民放の連ドラ主演は意外にも初めてのこと。「テレビの仕事に携わるようになって13年。まだ自分にも『初めて』が残っていたのが何よりうれしい」と上川隆也は、喜んでいる。
posted by 涼太 at 12:20 | TrackBack(0) | 映画 ドラマ

2007年08月06日

『はだしのゲン』 あらすじ 3

1948年、原爆投下直後に米を貰いにいった際に出会った、英子そっくりの女性・大原夏江(おおはら なつえ)に再会しました。何度も死を考えていたのですが元の発奮により、勝子と洋裁店を開くという夢を持つようになったのです。そんな折、松吉が原爆症で死の床に倒れ、感化院から脱走してきた隆太に看取られながらこの世を去りました。一方、君江は退院したが、そのとき4ヶ月の命だと医者が宣告しました。元は、君江の思い出の場所、京都へ旅行させるため、ウンコ取りを始め(当時は肥料として人糞の需要が高かった)、京都旅行ができる金額に達したのです。そのころ浩二が九州から帰ってきたが、本人は家に入りづらかったので元は自分が稼いだ金を浩二が稼いだものということにして、京都旅行に出発。しかし君江は、原爆症に伴う胃ガンで死亡。火葬の際、君江の遺骨はほとんど残りませんでした。そして、元は隆太と、勝子とムスビたちが暮らす家に住む事に。

浩二は婚約者と広島市内のアパートで暮らすことになり、昭は繊維問屋の商人になるために大阪へ旅立ちました。瓦礫を集めて建てた家も、広島市の復興計画による道路拡張工事の為に、元と隆太の必死の抵抗も空しく取り壊されてしまいました。中学生になった元は、父・大吉の遺志を継ごうと絵付け職人になることを決意、看板屋の仕事を手伝うようになった。一方、隆太は設立されたばかりの広島カープの応援に熱中する。しかし、夏江は盲腸で入院した後体調が芳しくなく、手術しても原爆症による白血球の減少で傷口が塞がらなかったのです。死期を悟った夏江は生きる希望を失っていきますが、元に叱責され、隆太らに励まされます。しかし、それも束の間。夏江は直腸ガンと急性心臓マヒで亡くなりました。

1953年、中学を卒業した元は、中尾光子(なかお みつこ)という名前の女子学生に一目惚れし、元は光子との交際を始めますが、光子は原爆による急性白血病で死亡。

元の仲間の一人、ムスビはふとした夜遊びがきっかけで覚醒剤(ヒロポン)中毒となってしまう(1951年まで麻薬を取り締まる法律は無く、所持や使用は違法では無かったのです。また、薬局で堂々と販売しており、同時に中毒者も多かった)。麻薬中毒となったムスビは麻薬を買うために、申し訳無いと思いつつも皆で貯めたお金を使い果たしてしまいました。お金が無くなっても麻薬を欲しがるムスビは、麻薬の売人であるバー「マドンナ」の関係者にリンチにあい、死亡。ムスビを麻薬中毒にして殺し、勝子と洋服店を開く為に必死で貯めてきた金を奪われた事に激怒した隆太はバー「マドンナ」に乗り込み、首謀者であるマスターを射殺し、愛人である女給に重傷を負わせ、麻薬売買の胴元であるヤクザを2人射殺した。そして全てを終わらせた後、東京へと向かう貨物トラックで勝子と共に逃亡したのです。

1953年、ムスビの遺骨を自分の家の墓に納めた元は、その後、光子の父・重蔵や天野達に見送られ、未来に挑戦するために東京へ旅立ちました。

テーマから戦争風刺漫画であるように捕らえる向きもあるようだが、むしろ全編が「怒り」に満ちていると言える。また単なる反戦漫画の範疇を超えた作品であるとの見方もある。

10巻の最後のページには、「第一部完」と書かれているが、「第二部」はまだ始まっていない。「第二部 東京編」は中沢も考えており、ネームを進めていたが、2000年に約30年前から患っていた糖尿病がもとで左目が見えにくくなり、その為に掲載開始の目処は立っていない。

中央公論新社発行の文庫版(全7巻)では、週刊少年ジャンプ掲載分を第一部、以降のシリーズを第二部に区切りしている。汐文社では愛蔵版を10巻まで発行している。

posted by 涼太 at 11:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 ドラマ

『はだしのゲン』 あらすじ 2

江波に着いた際、学徒動員で勤労奉仕に行く途中に原爆の熱光を浴び大やけどを負った、画家志望生の吉田政二(よしだ せいじ)に元は出会いました。政二の家族は「ピカドンの毒がうつる」という噂を信じ、政二を隔離。政二をとても嫌い、ろくに面倒もみていなかったのです。このことに元は怒り、政二が死んだとき、政二を最後まで苦しめた原爆を永久に怨む決意をしたのです。元は政二から絵画を教えてもらった(政二の両手は原爆による火傷で不自由になり、口で筆をくわえて絵を描いていた)。政二の火葬の際も、元と隆太の2人が立ち会うだけでした。

終戦後、昭と浩二が広島に戻ってきて、中岡家は隆太を含めて6人で暮らすようになりました。しかし、君江の友人のキヨの姑に家を追い出され、一時洞穴で生活し、その後、バラックに移り住んだのです。元と隆太は食料調達の奔走中、謎のヤクザと出会い、進駐軍駐屯地から死ぬ覚悟でミルクを盗んでくるが騙されて闇市で叩き売りされてしまうのです。怒った隆太はヤクザの男2人を陸軍が武装解除で捨てた拳銃で殺害してしまいました。警察に捕まりそうになった隆太はあるヤクザに助けられ、ヤクザの子分(鉄砲玉)として働く事になり、ヤクザの道に入った隆太は迷惑をかけないよう、元たちの前から姿を消してしまいました。

栄養失調に苦しんでいた友子が、元の友人の雨森頑吉(あまもりがんきち、通称・クソ森)の住む集落で暮らす、原爆で子供を失った男とその仲間たちに囚われてしまいました。男たちは友子を「お姫さま」と慕い、孤独な自分たちの心の支えとしていました。元は、友子を奪い返そうと男たちと押し問答となり、そのとき原爆症が併発し、病院で診察した結果「手おくれだ」と医者から宣告された。元は、治療費の10万円を稼ごうと、雨森と共に近所の原爆症で亡くなった人の家を訪ねて、読経を唱えるアルバイト(近所のお寺で読経を僧侶から教えてもらった)をしますが、目標の金額には達しませんでした。そんな中、原爆投下前に中岡家の近所に住んでいた朝鮮人の朴(ぼく)が元の前に現れ10万円とミルクを差し渡してくれました。朴が持っていた大金とミルクは、闇市で稼いだ物でした。朴は元の父・大吉から世話になった(大吉が朴を差別しなかった)ことを忘れず、恩を返そうとしたのです。家に帰った元は、昭から友子の死を知らされました。しかし、元は死を受け入れませんでした。元は友子にミルクを飲ませようとしたが、友子の口元からミルクがあふれ出たところで友子の死を知ったのです。友子の火葬の際、元は死んだ友子のために、読経を唱えて友子を天国へ送り出しました。友子の死後、丸ハゲだった元の頭に毛が生えました。

その後、元は隆太と再会。ヤクザの岡内組の鉄砲玉として働いていた隆太には、かつての仲間だったムスビ・ドングリ、顔のケロイドにより皆からのけものにされていた原爆孤児・勝子(かつこ)が一緒にいました。ヤクザの幹部を夢見ていた隆太でしたが、ドングリの死をきっかけにヤクザの世界から足抜けし、知り合った老人、平山松吉と共に新しい生活を始めました。

そんな折、君江の体も原爆症に蝕まれたのです。浩二は君江を助ける為、九州地方の炭鉱に出稼ぎに行きましたが、浩二は全く働かずに酒びたりの毎日でした。入院させようにも金がないので、どこの病院も断られてしまいます。隆太がヤクザの賭場荒らしをして大金を手に入れ、君江を入院させることができましたが、胴元である打山組の組長は激怒、隆太を殺すべく広島市内に包囲網を敷いたのです。逃げ道がないと知った元は警察へ行くよう説得して隆太は自首しました

posted by 涼太 at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 ドラマ

『はだしのゲン』 あらすじ 1

『はだしのゲン』は、広島県広島市舟入本町(現在の広島市中区舟入本町)に住む国民学校2年生の主人公・中岡元(なかおか げん)が1945年8月6日に投下された原爆で父・大吉(だいきち)、姉・英子(えいこ)、弟・進次(しんじ)の3人を亡くしながらも、たくましく生きる姿を描いた作品です。

『はだしのゲン』の舞台は 1945年、終戦間近の広島市。元の父で下駄の絵付け職人大吉は、反戦思想の持ち主でした。こうしたことから、中岡家の家族は町内会長の鮫島や近所から「非国民」扱いされ、様々な嫌がらせを受けたのです。元の長兄の浩二(こうじ)が「非国民」の冷たい視線をはね返すために海軍の予科練に志願し、元の次兄の昭(あきら)は、広島市郊外の山間部に疎開に行っていた為、浩二と昭は、原爆の難を逃れました。ちなみに英子は昭より年上だったが、体が弱かったため疎開できませんでした。

原爆投下後に、大吉・英子・進次は家の下敷きになってしまい、そのまま家に火がついて3人は生きたまま焼かれて死んでしまったのです。元の母である君江(きみえ)がショックで女児を出産。名前は、友達がたくさんできることを願って「友子(ともこ)」と名づけられました。その後、元は毛髪が原爆症で抜け落ち、自分も放射線障害で死ぬことに恐怖を覚えました。ハゲ頭になった元は、焼け野原になった広島市内の道端で拾った消防団の帽子で頭を隠し、友子のための米を調達すべく奔走しました。

元達は江波在住の君江の友人のキヨの家に身を寄せ新たな生活を始めますが、そこでは、キヨの姑や子供達からの迫害を受けました。そして元は江波で原爆で死んだ弟・進次に瓜ふたつの原爆孤児・近藤隆太(こんどう りゅうた)と出会いました。隆太は原爆孤児の仲間と共に、被爆をまぬがれた江波の農家から食糧を盗み、飢えをしのいでいたのです。隆太と初めて会った元は、進次が生きていると思い込みました。2回目に会った時は、食糧を盗もうとしていた時に百姓に追い回されていたところを元に助けられました。隆太の仲間は警察に捕まり、感化院に送られてしまいました。そして、元と君江は隆太を弟代わりに育てる事になったのです。

posted by 涼太 at 11:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 ドラマ

『はだしのゲン』 感動のドキュメントです。

『はだしのゲン』の原作は、漫画家の中沢啓治による、自身の原爆の被爆体験を元にしたマンガで、1972年に「週刊少年マガジン」の漫画家自伝企画の第1弾として掲載された、自叙伝『おれは見た』です。

『はだしのゲン』は、この自叙伝を元に、脚色を交えて1973年から「週刊少年ジャンプ」で連載が始まりました。同タイトルで実写映画やアニメ映画化もされています。2007年には初めてテレビドラマ化されます。

『はだしのゲン』この物語は、広島県広島市舟入本町(現在の広島市中区舟入本町)に住む国民学校2年生の主人公・中岡元(なかおか げん)が1945年8月6日に投下された原爆で父・大吉(だいきち)、姉・英子(えいこ)、弟・進次(しんじ)の3人を亡くしながらも、たくましく生きる姿を描いている感動のドキュメントです。

posted by 涼太 at 10:37 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 ドラマ

2007年08月02日

裕木奈江 ハリウッドデビュー作品「硫黄島からの手紙」あらすじ

「硫黄島からの手紙」クリント・イーストウッド監督

裕木奈江さんは、この映画で大変身を遂げました。
ハリウッド女優としての今後の裕木奈江さんに期待です。

1944年6月、戦局が悪化の一途を辿っていた太平洋戦争下の硫黄島に一人の将校が降り立った。新たに硫黄島守備隊指揮官に任命された陸軍中将栗林忠道(渡辺謙)には駐在武官としてアメリカに滞在した経験があり、それ故に誰よりも米軍の強大な実力を知り尽くしていた。彼は、勝ち目の無い戦いと知りつつ、日本本土防衛の為一日でも長く硫黄島を守る事には意味があると考えた。反発する古参の将校達を押し切り、防衛計画を練り直す。今までの上官とは違い、合理的な思想を持つ栗林の存在は、日々の生活に絶望していた西郷(二宮和也)らに新たな希望を抱かせる・・・

 

posted by 涼太 at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 ドラマ

花ざかりの君たちへ  イケメンパラダイス キャスト一覧

花ざかりの君たちへ  イケメンパラダイス キャスト一覧

芦屋 瑞稀(16):堀北真希
佐野 泉(16):小栗旬
中津 秀一(16):生田斗真(ジャニーズJr.)
難波 南(17):水嶋ヒロ
萱島 大樹(16):山本裕典 
関目 京悟(16):岡田将生 
中央 千里(16):木村了 
嵯峨 和真:溝端淳平(JB5)
野江 伸二:五十嵐隼士(D-BOYS)
京橋 新:崎本大海
淀屋橋 太壱:千代将太
嵐山 譲:田島亮
淡輪 恭一:標永久(JB5)
高井田 睦:岡田光
上新庄 樹:池田純(JB5)
水無瀬 学人:柴崎佳佑
上野芝 葵太:鈴木康太
天王寺 恵:石垣佑磨
大国町 光臣:高橋光臣
北花田 航平:武田航平
明石 総一郎:鈴木亮平
帝塚山 翔太:佐藤雄一
石切 寛人:萩原達也
七道 宗磨:西山宗佑
御殿山 左京:早川諒
正雀 漣:松下幸司
姫島正夫(オスカー・M・姫島):姜暢雄
八尾 光:加藤慶祐
今宮 昇:渡辺俊彦
四条 春樹:高橋優太
樟葉 淳之介:松田祥一
西院 司:宮田直樹
扇町 太陽:古原靖久
貝塚 こうへい:尾嶋直哉
帷子ノ辻 健:中田祐矢
香里園 源治:川上祐
他校の生徒神楽坂 真言:城田優(D-BOYS)
聖ブロッサム学園花屋敷 ひばり:岩佐真悠子
尼崎 カンナ:桐谷美玲 
阿部野 エリカ:平愛梨 
岸里 樹理:松田まどか
今池 こまり:黒瀬真奈美
教員椿:松田聖子(特別出演)
猿渡:宇梶剛士
吉岡:小林すすむ梅田 北斗(37):上川隆也
原 秋葉(29):紺野まひる
裕次郎:犬(ゴールデン・レトリバー)
芦屋 拓見:山崎一
瑞稀の父(第1話・第6話)
芦屋 英子:筒井真理子
瑞稀の母(第1話・第6話)
芦屋 静稀:岡田義徳
瑞稀の兄(第3話)
佐野 森(しん):大東俊介
佐野泉の弟(第3話~)
難波(旧姓:梅田)伊緒:森口瑤子
難波南の母であり、梅田北斗の姉。(第5話)
田辺 可南子:原田夏希
難波南の元カノ。(第5話)
ナレーション:森山周一郎
番宣ナレーター:福山潤

posted by 涼太 at 11:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 ドラマ

2007年07月25日

干物女って何?

干物女とは、「ホタルノヒカリ」の主人公・雨宮蛍を指した言葉で、「恋愛を放棄した20〜30代後半の女性」の意味で様々な事を面倒くさがり、適当に済ませてしまう女性のこと。「負け組」「勝ち組」など極端に分ける風潮が反映された言葉の1つ。「ホタルノヒカリ」の作者ひうらさとるは、干物女は「恋愛は面倒臭いからしない」という考えを持っていると語っている。 干物女の特徴は、メールの返事が極端に遅い、短い簡単な食事なら台所で立って食べる。忘れ物を靴を履いたまま、部屋に上がり取りに行く。休日はノーメイクでノーブラ。半年ほど美容室に行っていない。冬場は、毛の処理を怠る、又はしない。1人で居酒屋に入れる。最近ドキドキしていない。など  

posted by 涼太 at 11:03 | TrackBack(0) | 映画 ドラマ

2007年07月22日

時をかける少女のストーリー

ある日、中学3年生の芳山和子は、同級生の深町一夫や浅倉吾朗と一緒に理科室の掃除を行っていた。その時、実験室でラベンダーの香りを嗅いで意識を失う。そして、その3日後、和子の周囲にはいくつかの事件が起こる。深夜に起こった地震により、吾郎の隣の家が火事になる。そして、その翌日に吾朗と共に交通事故に巻き込まれそうになった瞬間、和子は前日の朝に時間を遡行する。もう1度同じ1日を繰り返した和子は、一夫と吾朗にこの奇妙な体験を打ち明ける。最初は信じなかった2人も、和子が地震と火事を予言した事で、和子の話を受け入れる。3人の話を聞いた理科の担任である福島先生は、和子の能力はテレポーテーションとタイム・リープと呼ばれるものであることを説明し、事件の真相を知るためには、4日前の理科室に戻らなければならないことを指摘する。

やがて自分の意思でタイム・リープを行えるようになった和子は、4日前の理科実験室で正体不明の訪問者を待ち受ける。そこへ訪れたのは、深町一夫であった。一夫は自分が西暦2660年の未来で暮らしていた未来人ケン・ソゴルであると語り、ラベンダーの香りを利用して人間のタイム・リープ能力を引き出す薬品の実験中に、誤ってこの時代にやってきたのだと説明する。さらに和子や周囲の人間が持っている一夫の記憶は催眠術によるものであり、実際に和子が一夫と過ごした時間は、1ヶ月程度であることも打ち明ける。しかし、その1ヶ月の間に一夫は和子に好意を抱くようになっていた。タイム・リープのための薬品を完成させた一夫は再び未来へ帰還するが、その直前に、和子の前にいつか再び別の人間として現れることを約束する。

タイム・リープの秘密を守るために和子や他の人々から一夫の記憶は消されてしまうが、和子は心の底に残るいつか再び自分の前に現れると約束した誰かを待ち続けるのだった。

※2006年公開の時をかける少女アニメーション映画版はこの約20年後の世界が舞台であり、芳山和子の姪である紺野真琴が主人公。
posted by 涼太 at 14:33 | TrackBack(0) | 映画 ドラマ

2007年07月09日

ホタルノヒカリ 最新ドラマ情報

ホタルノヒカリは、女性漫画雑誌「Kiss」
(講談社)で、2004年から連載中のひうらさとる作
の少女マンガで、この作品を原作とした日本テレビ
系列のテレビドラマです。

ホタルノヒカリ あらすじ

20代の人生を恋愛を半ば放棄してぐうたら
に過ごす(作中では干物女と呼ばれている)
主人公・雨宮蛍(あめみやほたる)の
恋愛を描く。 蛍の性格、生活スタイルなど
共感出来る部分があり、女性に高い人気を
誇っている。 

ホタルノヒカリ キャスト

* 雨宮蛍 - 綾瀬はるか
* 三枝優華 - 国仲涼子
* 手嶋マコト - 加藤和樹
* 神宮司要 - 武田真治 
* 山田早智子 - 板谷由夏
* 二ツ木昭司 - 安田顕
* 曽野美奈子 - 浅見れいな
* 沢木瞬 - 渡部豪太
* 田所潤平 - 渋江譲二
* 室田鈴子 - 松本まりか
* 香住初子 - 松下さら
* 豪徳寺賢 - 丸山智己
* 山口隆俊 - 松永博史
* 高野誠一 - 藤木直人

ホタルノヒカリ スタッフ

* 脚本:水橋文美江
* 音楽:菅野祐悟
* プロデューサー:櫨山裕子・
           内山雅博・
           三上絵里子
* 演出:吉野洋・南雲聖一・
          茂山佳則

ホタルノヒカリ 主題歌

* aiko 横顔

ホタルノヒカリ

7月11日(水)よる10時放送!


posted by 涼太 at 10:27 | TrackBack(1) | 映画 ドラマ

2007年07月07日

山田太郎ものがたり 第1話あらすじ

山田太郎ものがたり キャスト

山田太郎 ・・・二宮和也
御村託也 ・・・櫻井 翔
池上隆子 ・・・多部未華子
杉浦圭一 ・・・忍成修吾
中井正美 ・・・大塚ちひろ     
鳥居京子 ・・・吹石一恵
永原眞実 ・・・吉沢 悠
大崎新之助・・・福井博章
池上まりあ・・・柴田理恵
池上龍之介・・・六平直政
執事・磯貝・・・綾田俊樹
山田次郎 ・・・鎗田晟裕
山田三郎 ・・・清水尚弥
山田よし子・・・村中暖奈
山田五子 ・・・吉田里琴
山田六生 ・・・澁谷武尊
山田七生 ・・・稲垣鈴夏     
山田和夫 ・・・松岡 充
山田綾子 ・・・菊池桃子
一ノ宮校長・・・宇津井健



山田太郎ものがたり 
第1話 あらすじ

東京の真ん中に建つ一軒のあばら家。
そこから元気よく飛び出してきたのは
山田太郎(二宮和也)と6人の弟妹たち。

太郎は半端じゃない「超ド貧乏!」
大家族の長男で、名門一ノ宮高校に通う
学園の人気者でもある。クールな魅力で
女子生徒を魅了する御村託也(櫻井翔)
と人気を二分し、学園唯一の特待生。

高校で太郎が貧乏であることを知るのは
一ノ宮校長(宇津井健)のみで、
なぜか生徒たちからはどこかの御曹司だと
勝手に思われている。

4月、一ノ宮高校に通う池上隆子
(多部未華子)は太郎と御村もいる
成績優秀な生徒しか入れない
“特別進学クラス”に自分の名前を
見つけて、ついに玉の輿に乗るチャンスを
掴んだと興奮状態。と、その時!
校門から黄色い声援が聞こえてきた。
学園のツートップ、太郎と御村の登場だ。

隆子は太郎に一目ぼれ
(そして恋に落ちてしまう)

そして御村も、筆入れがお菓子の箱だったり、
車はもちろん、電車にもバスにも乗らない
太郎に興味を示す。

一方、新学期を迎えた山田家は、
何かと物入りで家計は燃えさかるほどの
火の車。それでも美しい母・綾子(菊池桃子)
の笑顔を中心にわきあいあい。太郎がもうすぐ
誕生日の妹に「何が食べたい?」と聞くと、
「横綱スーパーのコロッケ」と即答する。

その旨さと安さで特売のたびに近所の主婦が
激しい争奪戦を巻き起こす代物だ!妹のため、
愛する家族の幸せのために、太郎はコロッケを
ゲットすることが出来るのか!?










posted by 涼太 at 11:55 | TrackBack(3) | 映画 ドラマ

2007年07月05日

レミーのおいしいレストラン ディズニー

『レミーのおいしいレストラン』(Ratatouille)
ピクサー・アニメーション・スタジオによる
長編アニメーション映画。
日本では2007年7月28日に公開予定。
『レミーのおいしいレストラン』の原題
Ratatouilleは、フランス南部の野菜煮込み料理
「ラタトゥイユ」の意。

レミーのおいしいレストラン
Ratatouille
監督 ブラッド・バード
ヤン・ピンカヴァ
脚本 ブラッド・バード
出演者 パットン・オズワルド
ルー・ロマノ
ジャニーン・ガラファロー
イアン・ホルム
ブライアン・デネヒー
ピーター・オトゥール
音楽 マイケル・ジアッチーノ
編集 ダレン・T・ホームズ
配給      ディズニー
公開 日本   2007年7月28日
    アメリカ 2007年6月29日
上映時間  90分
製作国      アメリカ
言語      英語
制作費      100万ドル

>>>>>続き>>>>>


.
posted by 涼太 at 14:37 | TrackBack(0) | 映画 ドラマ

2007年07月04日

探偵学園Q プレゼントのあて先

探偵学園Q(たんていがくえんキュウ)
原作天樹征丸・作画さとうふみやの漫画作品。
2001年から2005年まで週刊少年マガジンで連載されたが、
2007年7月に、連続ドラマ放映に伴い、
特別連載として、復活を果たした。
探偵学園Qは、2003年〜2004年にTBSでアニメ化された。

探偵学園Qは、2006年7月1日に日本テレビ系列で
2時間のテレビドラマが放送、2007年7月3日からは
同系列で連続ドラマ探偵学園Qとして放送開始される。
(主演は神木隆之介、志田未来)

探偵学園Q あらすじ
学校の勉強は苦手だが、推理に関しては稀代の才能を持つ
キュウは、世界一の探偵を目指すためD.D.S
(団探偵学園:Dan Detective School)に入学する。
そこで出会った仲間と共に学園のトップクラス
「Qクラス」に属し、学園での授業や課題、
時には本物の事件解決に取り組み、
学園長・団守彦の後継者を目指す。

だが、団らが壊滅まで追い込んだはずの犯罪組織
『冥王星』が再び暗躍し始め、彼らが起こす
不可解犯罪へ次第に巻き込まれていく。
ちなみに設定上、このストーリーは2001年4月〜9月の話を
描いたものとなっている。
また、天樹征丸の作品である、
『金田一少年の事件簿』と同じように、
たまに登場怪人名がついている事もあった。

探偵学園Q 7月3日(火)よる10時放送

探偵学園Qのコミックプレゼントのあて先

宛先

105-8704 日本テレビ

「探偵学園Q」原作本プレゼント 係

ハガキに住所・氏名・年齢・番組への感想を
ご記入の上 ご応募ください。

7月15日 当日消印有効
posted by 涼太 at 16:54 | TrackBack(2) | 映画 ドラマ

菊次郎とさき ビートたけしの著書

菊次郎とさき(きくじろうとさき)は、
北野大・ビートたけし(北野武)兄弟の
亡き父と母の名前でビートたけしの著作本の
タイトルでもある。
菊次郎とさきのタイトルのテレビドラマが2001年1月、
テレビ朝日で新春スペシャルドラマとして放送され、
反響を呼び、2003年7月 - 9月には
菊次郎とさきが連続ドラマとして同局の木曜ドラマ枠で
放送されており、2005年7月 - 9月に連続ドラマの
第2シリーズが同枠で放送されている。

菊次郎とさきは、2007年の第3シリーズから、
データ放送連動番組として
放送されることになっている。
ビートたけしの父・菊次郎と、母・さき。
このふたりの人生を、息子のビートたけし自身が
描いた小説『菊次郎とさき』をドラマシリーズ化。

菊次郎とさき
腕の良いペンキ屋だが飲んだくれな
菊次郎と、教育熱心なさきの夫婦を中心に、
少年時代の北野大・ビートたけし兄弟の
家庭内とその周囲の下町の人々をコミカルに描く。

菊次郎とさき 出演

陣内孝則
室井滋
西島秀俊
京野ことみ
賀集利樹
早瀬英里奈
若葉竜也
桑原成吾(子役)
梨本謙次郎
濱田マリ
日野陽仁
美保純
長門裕之
草笛光子
ほか
posted by 涼太 at 14:11 | TrackBack(5) | 映画 ドラマ

2007年07月03日

パパとムスメの7日間 あらすじ

「パパとムスメの7日間」あらすじ
ある日、突然人格が入れ替わってしまった
恭一郎(舘ひろし)と小梅(新垣結衣)は、
なぜこんなことになってしまったのか、
まったく理解できない。他人に本当のことを話しても、
誰にもわかってもらえないと判断した
恭一郎(舘ひろし)と小梅(新垣結衣)は、
元に戻るまでこの秘密を他の人に隠しておこうと
決意する。翌朝、恭一郎の外見をした小梅は会社へ、
小梅の外見をしていた恭一郎は学校に通うことになるが、
慣れない生活に恭一郎と小梅は四苦八苦。
2人は、周りに秘密がバレないよう、
ヒヤヒヤしながら一日を過ごす。そんな中、
小梅が健太先輩(加藤成亮)と土曜日に
デートの約束をした、そして土曜日が目前に
迫ってきていた。話し合いの結果、
恭一郎は小梅に説得され、しかたなく、
デートを引き受けることにする。

「パパとムスメの7日間」
TBS系 日曜21:00〜21:54(日曜劇場枠)
2007年7月1日スタート 初回21:00〜22:09(15分拡大)
原作:五十嵐貴久「パパとムスメの7日間」
脚本:荒井修子 渡辺千穂
演出:高成麻畝子 吉田健
音楽:山下康介
主題歌:YUKI「星屑サンセット」
プロデューサー:那須田淳 津留正明
製作:TBS
制作:TBSテレビ

「パパとムスメの7日間」キャスト
川原恭一郎…舘ひろし
川原小梅……新垣結衣
大杉健太……加藤成亮
西野和香子…佐田真由美
中山律子……森田彩華
桜木真一……高田延彦
国枝ひそか…佐々木すみ江
渡辺武志……江守徹
中嶋耕介……八嶋智人
川原理恵子…麻生祐未

posted by 涼太 at 12:05 | TrackBack(3) | 映画 ドラマ

2007年07月02日

山おんな壁おんな

伊藤美咲 主演の連ドラ「山おんな壁おんな」
2007年7月5日木曜22時スタート!
創業300年を誇る日本最古の老舗百貨店の1階フロアは、
ショッピングのテーマパーク。女性の夢がうずまく
ワンダーランド。仕事もバツグンでバック売り場のエース
そしてクールビューティーだけど、胸がないのが悩みの
青柳恵美(伊藤美咲 )。通称「壁おんな」。
そんな彼女の前に、天然キャラで癒やし系笑顔と
ダイナマイトボディの通称「山おんな」の毬谷まりえが
現れたことから、恵美のコンプレックスに火がついて、
さまざまな騒動が沸き起こります。
「壁」と「山」、眠っていたコンプレックスを
呼び覚まされた恵美にとって悩ましい日常が幕を開ける。
恋愛はもちろんのこと、最新ファッション情報も満載! 
おしゃれでかわいい、そして生々しい! 
現代OLの本音を随所に散りばめながら、恋に仕事に、
コンプレックス打破に奮闘する様子がコミカルに
描かれています。
「山おんな壁おんな」2007年7月5日スタート! 
毎週木曜22時〜22時54分放送
posted by 涼太 at 11:04 | TrackBack(1) | 映画 ドラマ

2007年06月30日

蝋人形の館ストーリー

『蝋人形の館』2005年のアメリカとオーストラリアによる
合作映画で、チャールズ・ベルデンの戯曲を原作とする
ホラー映画「肉の蝋人形」(1933年)の二度目の
リメイク作品である。

『蝋人形の館』ストーリー
六人の若者たちが大学フットボールの試合観戦のため、
フットボールスタジアムへ向かっていた。
しかし、道中のキャンプ場で一夜を過ごした翌朝、
何者かによって故意的に車を故障させられる。
途方に暮れた彼らは近くの町アンブローズへと向かい、
人の気配が無い町の中をさ迷い歩く六人は、
一軒の蝋人形館を発見した。
posted by 涼太 at 13:30 | TrackBack(0) | 映画 ドラマ

銀魂 番組の最後のプレゼント

『銀魂』(ぎんたま)は空知英秋作の漫画作品。
週刊少年ジャンプで2004年2号から連載開始。
単行本は2007年5月現在、18巻まで刊行。
単行本売り上げは現在1600万部を記録している。
SF時代劇の体裁をとった人情コメディ漫画。
作者 空知英秋の初連載作品。
ジャンプフェスタ・アニメツアー'05で本作のアニメ
『〜何事も最初が肝心なので
多少背伸びするくらいが丁度よい〜』が上映され、
2006年4月4日からはテレビアニメシリーズが
スタートした。
個性的なサブタイトルもこの漫画の特徴である。
一見脈絡のないように見えるものもあるが、
その話を注意深く読むとそれらしき内容が出てくる。

銀魂の公式サイト『銀魂どっとこむ』のアドレスは、
『gintama.com』になる予定だったが、
シルバーアクセサリーを取り扱う会社が
同じアドレスを取得しており、
『少年ジャンプ』の「J」をつけて、
『j-gintama.com』とした。

『銀魂』(ぎんたま)は韓国でも「銀魂」として
正式に出版され、人々にもその題で知られているが、
違法出版社から一時「ブラボーサムライ」という題で
出版されていたらしい。

『銀魂』あらすじ
この世界の江戸時代末期、「天人(あまんと)」と
呼ばれる異星人達が襲来した。まもなく地球人と
天人との間に十数年間に及ぶ戦争が勃発し、
数多くの侍、攘夷派志士が天人との戦いに参加した。
が、天人の絶大な力を見て弱腰になっていた幕府は
天人の侵略をあっさりと受け入れ条約を締結。
侍達は廃刀令により刀を失い、世の中に天人がのさばり、
幕府は天人による傀儡政権となった。
そんな時代、一人の銀髪の侍「坂田銀時」が、
愉快な仲間達と共に奇想天外な生活を
過ごしていく物語である。

銀魂 番組の最後のプレゼントの宛先は、
=====================
105-8012
テレビ東京
「銀魂プレゼント」係
=====================
ハガキの裏に住所・氏名・年齢と番組の感想を書いて
宛先までだそうです。
posted by 涼太 at 10:58 | TrackBack(2) | 映画 ドラマ

2007年06月27日

スシ王子! 堂本光一

スシ王子!は、グルメ有り、恋有り、
アクション有り、笑い有りの痛快コメディー。
2007年7月27日から金曜ナイトドラマ枠で
放送される予定のドラマ。
演出は堤幸彦。脚本は佃典彦。
金曜ナイトドラマでは
初のジャニーズ事務所所属の主演。
映画化も決定しておりタイトルは
「スシ王子!銀幕版」、堂本単独初主演。

スシ王子! キャスト
米寿 司:堂本光一(KinKi Kids)
河原太郎:中丸雄一(KAT-TUN)
源ウミ:加藤夏希
武留守リリー:平良とみ
袴田吉彦
朝比奈庄月:篠井英介
奥平海月:山下真司

スシ王子! スタッフ
演出:堤幸彦
脚本:佃典彦
プロデューサー:藤本一彦、中沢晋
チーフプロデューサー:桑田潔
制作:テレビ朝日、オフィスクレッシェンド



出典:Wiki
posted by 涼太 at 23:21 | TrackBack(2) | 映画 ドラマ