2009年08月12日

東海地震 発生早まったとの見方も

駿河湾で11日発生した震度6弱の地震について、気象庁の地震防災対策強化地域判定会(判定会)は、「想定される東海地震に結びつくものではない」と判断した。

しかし、判定会は、東海地震で予知可能とされるシナリオの一つを検討したに過ぎない。本当に東海地震との関連はないのだろうか。

東海地震は、国内で唯一、直前予知が可能な地震とされる。海のプレートが沈み込む時に陸のプレートが引きずられ、東海地域の岩盤にひずみがたまる。その力が地震で解放される直前に、前兆すべりと呼ばれる揺り戻し現象が起きるので、それを検知できるとの考えに基づく。

11日の判定会打ち合わせ会は、駿河湾の地震後、前兆すべりが観測されたかどうかが焦点となった。余震分布や岩盤のひずみを測る体積ひずみ計のデータなどを分析した結果、「想定される東海地震との結びつきはない」との判断を下した。































































スピードラーニング 初級
雑学 豆知識
posted by 涼太 at 10:20 | TrackBack(1) | 新着♪
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31246900

この記事へのトラックバック

社会心理学
Excerpt: 産業心理学は、最新心理学のテクニックをフル稼働させて成り立っています。そして同時に、最新心理学のテクニックが駆使されています。どういったリーダーが企業内においてベストなのか、どのような目的意識を持てば..
Weblog: 社会心理学
Tracked: 2009-08-13 11:51